国際学部 学びの特色

3本の柱

国際理解と外国語の習得、そして留学を3本の柱とした教育を行い国際社会の将来を担う人材を新潟で育成します。

国際理解教育

国際理解教育
異なる文化の理解と尊重

現代の国際社会の成り立ちゃ仕組みについて、特定の分野に偏ることなく、政治学、法学、経済学などの視点から基本をバランスよく学んでいきます。

外国語教育

ホワイトボードと先生
コミュニケーション
英語・ロシア語・中国語
韓国語

留学 派遣制度
・交換留学制度

飛行機
4つの大学から選べます

留学先はアメリカ ・ ロシア ・中国 ・韓国の4つの提携大学。
どの国で学ぶかは1年次に選択する言語によって決まります。毎年50名前後の学生が、留学に参加しています。
また韓国、中国、台湾の大学との交換留学制度もあります。

留学しても4年で卒業

派遣留学先での授業は本学の単位として認定されますので、 4年で卒業できます。留学期間は2年次後期の約半年間です。

CEP
Communicative English Program

CEP

国際交流と異文化理解の手段として英語でコミュニケーションをとるための本学独自の総合的英語教育プログラム。

●国際言語としての英語を学ぶ
●使うことを通して英語を学ぶ
●自主的に英語を学ぶ

TOEIC 600点以上

TOEIC

3年次修了時には全員がTOEIC600点以上の獲得を目指します

この点数は、英語を使う職業、旅行業界、航空業界などで必要とされる目安です。

受賞2年連続 英検協会「文部科学大臣賞」

英検 文部科学大臣賞

英検合格者数が極めて高い団体として、文部科学大臣賞を受賞しました

4つの言語外国人教員

4か国の教員

英語・ロシア語・中国語・韓国語それぞれの外国人教員のもとで、徹底的に話す力、聞く力を養います

情報処理演習

情報処理演習

世界共通資格であるマイクロソフトスペシャリスト(MOS)検定試験合格のための授業プログラムを組んでいます

インターンシップ

インターンシップ

あらゆる分野、企業での職業体験を通して社会人として活躍するために必要な心構えやスキルを学びます

学部長挨拶

 現在、「気候危機」やそれがもたらすウイルス禍、食糧危機、暴力の蔓延など、地球大の危機が私たちの運命を決する時代になりました。いずれの問題も、数百年に渡る私たちの「文明」が自ら生み出したもので、一見手の施しようがないほどに深刻に見えます。けれども、〈希望〉は失われていません。この地球のいたるところで、すでに新しい社会を創るための無数の試みが始まっています。しかもその試みの多くは、「前例」や「常識」に囚われない、しなやかな感性をもつ若い世代が先導しています。

 国際学部では、最先端の研究成果や教育手法に基づき、この新時代を切り拓くための、ホンモノの知性を身につけることを目指します。学生のみなさんが将来どんな形で社会に参加しようとも、錆びつかない、これから真に必要となる総合的な力を養います。国際学部が自慢とする、学問の第一線で活躍する先生方を通じて、この新潟から世界とつながり、学生のみなさんと未来の〈希望〉を創り、そしてそれを世界に発信したいと思います。

国際学部長

佐々木 寛

経営情報学部 学びの特色

2つの学科

経営と情報の2つの切り口から、AI時代に不可欠な人間中心社会の仕組みを学びます。

経営学科

PCとスマホ
最強の学び

IT(情報技術)を活かした経営学。

情報システム学科

プログラミングコード
最先端のIT

社会の第一線を目指す情報システム。

4週間の短期留学

アルバータ

国際社会に対応した英語教育

カナダアルバータ大学

2·3年次を対象に、約4週間にわたりカナダのアルバータ大学で実施されます。

企業で活躍していた
教員60%以上

企業で活躍していた教員

NTT・日立・三菱電機・ライオンなど企業でのさまざまな経験を活かし実際の仕事につながる教育をしています

企業や地域とのコラボ産官学/地域連携

企業や地域とコラボ

学んだことを「社会貢献」・「地域貢献」というかたちですぐに役立てることができます

9つの資格を授業で
サポート 資格取得

  • ●経営学検定
  • ●マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • ●ITパスポート
  • ●日商簿記検定試験
  • ●TOEIC
  • ●ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定
  • ●基本情報処理技術者試験
  • ●ビジネス会計検定試験
  • ●情報セキュリティマネジメント試験

学外実習

学部紹介-学外実習イメージ

大学で学んだことが実社会でどのように活かされているかを学びます

情報システムの構築方法や情報活用などの実態も理解できます

学部長挨拶

情報を活用した経営学、経営視点を取り入れた情報学を学び、超スマート社会を先導する人材を育成する

 経営情報学部には、経営学科と情報システム学科の2つの学科があります。

経営学も情報学も実用的な学問です。企業や団体、社会の中で発生する諸問題を発見し、理解し、解決することを目指します。このふたつの学科での学びは相互に関連し、重なり合っています。両学科とも幅広い教養科目を土台として、1年次から基礎ゼミナールや情報処理演習に取組みます。順次、応用ゼミナールや情報システム演習と内容を高度化しながら、最終年次では全員、4年間の学修の総まとめとして卒業論文を提出します。

 Society5.0では人間中心の社会の実現を目指しています。人生100年時代を迎えつつある現在、社会の様々なところでデジタルトランスフォーメーションが求められています。その社会の要請に応えるためにも、本学で人間にやさしい経営学、人間中心の情報システムを学びませんか。

 豊富な企業経験を持つ教員、専門分野の研究に果敢に取り組む教員や地域創生活動に精力的に取り組む教員たちと一緒に4年間学び、そして一生使える“学び方の学び”を修得し、皆さん自身の未来を、そして新潟の未来を創っていきませんか。

経営情報学部長

小林 満男                  

博士(経済学)

技術士(電気電子)