佐々木 宏之 / Sasaki Hiroyuki

所 属 経営情報学部 経営学科 佐々木 宏之
職 名 教授
連絡方法 メールアドレス
学 歴 1996年 東北大学文学部卒業
1998年 東北大学大学院文学研究科博士前期2年の課程修了
2002年 東北大学大学院文学研究科博士後期3年の課程単位取得退学
学 位 博士(文学、東北大学、2003年2月)
職 歴 2002年4月~ 2004年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)
2004年4月~ 2011年3月 新潟中央短期大学幼児教育科専任講師
2011年4月~ 2018年3月 新潟中央短期大学幼児教育科准教授
研究分野 視知覚におよぼす選択的注意の影響
自己制御の発達と養育の役割
意思決定フレーミング効果の応用研究
所属学会 日本心理学会、日本教育心理学会、日本基礎心理学会、東北心理学会、新潟心理学会
主要業績 論文
① 佐々木・林 (2017). 多母集団同時分析による回顧的ペアレンティング尺度の信頼性と妥当性の検討 慶應経営論集, 34, 233-246
② Sasaki, H. (2016). Object-color associations in preschool children’s drawings. Current Psychology, 35, 410-413.
③ Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2015). Regulatory fit in framing strategy of parental persuasive messages to young children. Journal of Applied Social Psychology, 45, 253-262.
④ Sasaki, H. (2014). Visual attention to reference frames affects perceptions of shape from shading. Perceptual and Motor Skills, 118, 850-862.
⑤ Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2014). Justice orientation as a moderator of the framing effect on procedural justice perception. Journal of Social Psychology, 154, 251-263.
⑥ Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2013). Moderating the interaction between procedural justice and decision frame: The counterbalancing effect of personality traits. Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 147,125- 151.
⑦ 佐々木 (2010). 意思決定フレーミング効果の三類型―幼児の発達と保育の観点を踏まえて― 暁星論叢(新潟中央短期大学紀要), 60, 55-72.
⑧ Sasaki, H. (2007). Dynamic grouping and interpolation induced by flickering stimuli. Perception, 36, 471-474.
⑨ Sasaki, H. & Kanachi, M. (2005). The effects of trial repetition and individual characteristics on decision making under uncertainty. Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 139, 233-246.
⑩ Sasaki, H., Ishi, H., & Gyoba, J. (2004). Effects of gaze perception on response to location or feature. Psychologia, 47, 104-112.
⑪ Sasaki, H. & Gyoba, J. (2002). Selective attention to stimulus feature modulates interocular suppression. Perception, 31, 409-419.
他の教員紹介はこちらへ