派遣留学 提携校:北京師範大学(北京市)

 北京師範大学は中国で最も早く創立した近代教育機関の一つです。北京大学とともに京師大学堂(1898)という母体から生まれ、1902年に北京師範大学として再建されました。現在は中国政府に指定された重点大学の一つであり、清華大学、北京大学、中国人民大学と並べて、北京の「四大名校」と称されます。北京市の中心部に位置し、社会施設の利用にも、街や史跡の見学にも大変便利です。

 北京師範大学は22の学院、36の研究院および多数の学術研究所を持つ総合大学です。学部での専門は58個、修士学位の専門は166個、博士学位の専門は111個あり、現在、4年の学部生は約8,9000人、大学院生は11,300人、長期留学生は1,800余人が在学しています。蔵書は410余万点あり、中でも貴重な書籍や文献が20万点以上あり、国宝レベルの文物は4万点を有しています。国際交流の面において、イギリス・アメリカ・ロシア・ドイツ・日本・韓国・シンガポールなどの国と大学間の交流を行っています。

 本学留学制度の派遣先である漢語文化学院は、著名な言語学者をはじめ人文社会科学分野で活躍している代表的な学者が多く、国家の対外漢語教学の「人材育成基地」として中心的役割を果たしており、毎年全国から優秀な教師予備軍が選抜されてここに集まってきます。世界各国から多くの留学生や研究者が来ており、中国語・中国文化の教育には優れた経験と実績があります。

北京師範大学のホームページはこちら↓

その他提携校

極東連邦大学(ロシア)